ER34 スカイライン

[ER34] 念願のスカイライン購入

アイキャッチ[ER34スカイライン25GT-Xターボ4ドア]

2台目の180SXを買ったとき、本当は2ドアのR32スカイラインが欲しかったけど、条件に合う車体が出てこなくて諦めました。

JZX90を買ったとき、本当は4ドアのR33スカイラインが欲しかったけど、条件に合う車体が出てこなくて諦めました。

JZX100を買ったとき、本当は4ドアのR34スカイラインが欲しかったけど、条件に合う車体が出てこなくて諦めました。

そして数年が経過

子どもも生まれたし、もうスポーツ系のクルマは卒業!なんて思っていたけど、フツフツと湧いてくる走りの車への憧れ。泣く泣く手放したJZX100への気持ちが、再び湧いてきたのでした。

そして、ちょうどもう1台クルマが必要になった、このタイミング!今度こそ!三度目の正直!スカイライン!

JZX90もJZX100も、とてもいいクルマです。また乗りたいと思えるくらいいいクルマです。でも、スカイラインというクルマに憧れがあるのです。

事故車やいわくつきでなければ、ある程度状態は問わず、あまりお金をかけない方向で、条件は「4ドアであること」「R34であること」「ターボであること」「マニュアルであること」に絞って、行きつけの車屋にお願いして探してもらうことに。

案の定、出てくるのは2ドアやノンターボ、ATばかり。ATなら程度が良くて安いものが多いけど、さすがにMTになると金額が跳ね上がるようで。事故車や修復歴ありの車両も多い。

程度のいい車両が出てきた

たくさん出してもらった候補の中から、距離数やら修復歴やら状態を妥協しつつ絞り込んでいたところ、ようやくいい車両が出てきました。アスリートシルバー(KV2)で、車高調とインチアップのみのほぼノーマル車両、走行14万kmで60万円。平成10年式なので、1年に1万kmも乗っていない計算。

考えた末、その車両でお願いすることにしました。

ついに、念願のスカイライン。2台目の180SXに乗り始めたのが15年前なので、実に15年越しの夢が叶ったわけです。

納車までにやることがたくさん

車検を取ってもらって、古くなったパーツ交換等の整備もしてもらうので、納車まではまだまだ日数がかかりそうですが、首を長くして楽しみに待ちたいと思います。

さすがに子どもがいる身なので、できるだけお金をかけず、DIYでコツコツいじって楽しめたらいいな、と思います。

初稿:2014年4月26日

-ER34 スカイライン

© 2020 どっかんターボ