かわいいカー雑貨のお店【ココトリコ】公式ショップ

RPS13 180SX

[RPS13] 180SXのメーターバックライト電球を交換してみた!

LEDバルブ関係は、基本的にいつも孫市屋さんにお世話になっています、高井優希です。

納車時から、夜間にライトをつけてもスピードメーターの一部しか光りませんでした。たぶん中央あたりの電球1個だけが光っている感じ。メーター全体が薄ぼんやりとは見えるのですが、何となく不便。

おそらく、光っている1個の電球以外は全て切れていると思われるので、電球を交換することにしました。せっかくなので、全てLEDに。

メーターユニットの取り外し

180SXのメーターユニットを取り外すには、ステアリング下のカバーから外していく必要があります。

左側2ヶ所、右側3ヶ所のネジを外し、下へずらします。完全に外さなくても、2~3cmほどの隙間ができるくらいずらせばOKです。

180SXステアリング下のカバーを外すネジの場所

次にメーターの周りの化粧パネルを外します。まず上部の2ヶ所のネジを外し、

180SXメーター化粧パネルを外す上部ネジの場所

下部は左右ともにツメで引っかかっているので、黄色い丸の部分をツメから外すように手前に引っ張り、化粧パネルごと外します。

180SXメーター化粧パネルを外す下部ツメの場所

このとき、ステアリングをめいっぱい下げておいた方が作業しやすいです。ステアリングのカバーを外してしまえば、さらに作業が楽になります。

メーターパネルには、ハザードスイッチやリトラスイッチ、リアデフォッガースイッチなどの配線が接続されているので、コネクタを外すのを忘れずに。

ここまでくれば、あとはメーターユニットの取り外しです。

メーターユニットの上部1ヶ所、下部2ヶ所のネジを外します。

180SXメーターユニットを外すネジの場所

するとユニットを外せるようになるので、上部側からそーっと手前に引き出し、背面2ヶ所のコネクタを外します。

180SXメーターユニットは上部から引っ張り出す

コネクタはプリント基板に直接接続されているので、基板のプリントを剥がしてしまわないように注意。

これで、メーターユニットが取り外せました。

電球の交換

バックライト電球の交換をします。どの電球がどこのバックライトになるのかは、プリント基板にヒントが書かれています。

180SX後期メーターユニットの裏面

一番上の3つ並んでいる部分は、中央がハイビーム、左右2つがウィンカーです。

基板上で「クロ」と指定されている3ヶ所が、メーター部です。

基板上で「アオ」と指定されている2ヶ所が、時計とODO/TRIPです。

左右下部に5つずつ並んでいるのが、警告灯関連です。基板上に、どれがどの警告灯なのかが書かれています。向かって一番右がガソリン警告灯なので、ここだけが色違いになりますね。

ちなみに上の写真は後期型車両のメーターユニット(ODO/TIPがデジタル表示)なので、前期中期型のメーターユニット(ODO/TRIPがアナログ回転式)とは使用する電球に違いがあります。

後期型前期中期型
ウィンカーT5×2T5×2
ハイビームT5×1T5×1
時計T6.5×1T6.5×1
ODO/TRIPT6.5×1T5×2
メーター部T6.5×3T10×3

今回は、ハイビームとODO/TRIPと時計に青いLED、ウィンカーに緑のLED、警告灯関係は全て赤のLED、メーター部は白のLEDにしてみました。

LEDバルブには極性があるので、交換後もし点灯しない場合は、差し込みを180度入れ替えてみましょう。

使用したLEDバルブは以下のシリーズです。

T5もT6.5も、規格上は電球部分の大きさが違うだけ。ソケット形状は同じです。

孫市屋さんのLEDバルブは、ソケット部分が発光色と同じ色になっていて、T5とT6.5が兼用になっているため、購入後に「どのバルブをどこに入れるんだっけ」と悩まなくて済むのがイイところですネ。

交換後のメーター

ということで、電球を全て交換したあとのメーターがこちら。

180SX後期メーターバックライトを全てLEDに交換

すごく明るくてキレイです。LEDにすることで、明るすぎないかが心配でしたが、特に問題なし。ウィンカーとハイビームだけは強烈に明るいですが、この2つは常時点灯させるものではないので、問題ないでしょう。

LEDにしたことで多少ムラが出ていますが、その辺は割り切る!

さいごに

完全に自己満足の世界です(笑)

何となく、以前乗っていたER34スカイラインのメーター周りと同じような雰囲気になっているのは、同じ孫市屋さんのLEDバルブを使っていることと、色のチョイスが同じだからかな。

アイキャッチ[ER34スカイライン25GT-Xターボ4ドア]
[ER34] エアコンパネルと三連メーターのバックライトLED化

ER34のエアコンパネルの液晶部分は3つのバックライトで光っているのですが、一番左が暗い。よし、だったらLEDにしてしまおう、ということで、CYBERSTORKの超拡散マイクロLEDのラグジーブルーSサイズを注文、さっそく交換してみました。 ...

メーターのバックライトがキレイになっただけでも、なんかこう、運転していて楽しいというか、ワクワクする感じがUPしますね!

光りモノ関係の交換については、残すところヘッドライトのみ。

今はH4用のHIDユニットがついていますが、古いユニットのせいか、点灯時に「ジー」ってうるさいのと、光が安定するまで時間がかかる。今はH4用LEDバルブもあるし、レンズごとLEDユニットに交換するタイプもあるので、安売りのタイミングを狙ってみようかと思っています。

初稿:2019年10月13日
雪道トラブルバナー

-RPS13 180SX
-

© 2020 どっかんターボ