雪道トラブルバナー

VM4 レヴォーグ

[VM4] レヴォーグが納車されました!

アイキャッチ[レヴォーグ]

レヴォーグが大人気らしいですね。5月の終わり頃に契約したときは、納車は早くてお盆前くらいと言われました。

ちょうどレヴォーグのSTI Sportが発表されたので、本当はSTIがいいな~と思っていましたが、あくまで装備がSTIであって、中身はそのままだということもあって、見送り。STIブルーには憧れますが。

そんなレヴォーグですが、なんと予定より1ヶ月半ほど早く納車になりました!同じ日に同じ仕様のレヴォーグが3台納車になるとのことで、ディーラーには3台のレヴォーグが仲良く並んでいました。ただ違うのは、3台それぞれのホイール。

自分のレヴォーグは青リムに黒スポーク。隣のレヴォーグは黒メッシュ。その隣のレヴォーグは純正。

早く乗りたいので操作説明は省略してもらい、必要書類のやり取りをし、ディーラーを後にしました。

レヴォーグに決めたきっかけ

スカイラインを廃車にすることを決めたとき、次に買うクルマは新車で、ディーラーでしっかりメンテナンスしてもらって長く乗る、と決めました。もう、スカイラインのように失敗して多額のお金をかけるのは嫌だったので。

でも、倉庫にたくさん保管してあるマイ・ホイール・コレクションは有効に使いたい。特に、SA3R(Super ADVAN Racing)が履けるクルマが絶対条件、ということで候補を探し始めました。

真っ先に86が候補に上がりましたが、PCD100なのでダメ。というか、最近のクルマはほとんどがPCD100だったり、オフセットが+50前後ばかりで、8J+35や9J+45が履けるようなクルマがほとんどない!まさかのエスティマやヴェルファイアのような大きめのミニバンくらい。でもできればセダンかハッチバックがいい。

そんなこんなで、最終的に出てきた候補がレヴォーグとマークXでした。なぜかこのとき、WRXは候補に上がらず。なんでだろう…。

セダンが好きだったのでマークXにだいぶ心が傾いていましたが、スバルの水平対向エンジンに興味があり、ディーラーが素っ気ないほど売り込んでこないという話を聞いたことから、一気にレヴォーグへの熱が上がったのでした。

後からWRXの存在を知って悔やむ

レヴォーグを契約するときに、ひとつだけ悩んだのが、CVTしかないこと。MTが好きなので、ここだけは譲りたくないと思っていましたが、レヴォーグにMTの設定はない。悩んで悩んで悩みぬいた結果、妥協しました。

契約後、レヴォーグのセダン版とも言えるWRXの存在を知りました。こちらにはMTの設定がある。しかもセダン。もっと早く知っていれば!!

でも、アイサイトによるクルーズコントロールなどが使えるのはCVTのメリットでもあるし、長距離ドライブで楽ができるということで、それはそれでいいか!ハッチバックなので荷物もたくさん積めるし!と前向きに考えることにしました。

運転してみて大満足、結果オーライ

レヴォーグは、ディーラーに初めて行ったその場で「契約したいです」と即契約を申し出ました。担当が慌てて「と、とりあえず試乗してみませんか?」と提案してくれたことで、とりあえず試乗と自動ブレーキを体験しましたが、店に戻ってすぐ「契約します」と。

ニコニコ現金払いを申し出たので一発値引きといろいろなパーツをサービスでつけてもらいましたが、来店したその日に契約する人はほとんどいない、と担当営業も店長も非常に驚いていました。

それから1ヶ月半ほどで納車。

納車後は少しドライブをしてから家に帰りましたが、スムーズな加速と安定感、そして静かさ。全てに大満足で、これならMTじゃなくても全く問題なし、と思えるほどでした。

さいごに

自分のレヴォーグはVM4、つまり1.6なので、出力は170PS、トルクは25.5kgmとなっています。2.0は300PS/40.8kgmなので、ER34からの乗り換えとしては2.0の方が満足感が高かったのかもしれません。

でも、170PS/25.5kgmも侮れません。自分が乗っていた280PS/37.0kgmのER34より、初期加速は圧倒的に速いです。100km/h位までの加速は負けないんじゃないかと思えるくらい。

この先、永く乗れば乗るほど不満点も出てくるかもしれませんが、今は大満足しかありません。

レヴォーグ納車

初稿:2016年7月3日

-VM4 レヴォーグ

© 2020 どっかんターボ