RPS13 180SX

[RPS13] 180SXのリアガーニッシュを240SXに交換してみた!

昔懐かしい240SXガーニッシュを見つけて、つい購入してしまった、高井優希です。

その昔、学生時代に乗っていた180SXでは、リアガーニッシュを240SXに交換していました。たまに行くカーショップに、ひとつだけ240SXガーニッシュの在庫があったのが、購入したきっかけ。他の人と違ったことがしたかったのです。

あれから20年近く。やっぱり今でも、他の人と違ったことがしたい、という気持ちは変わりませんでした。

既存のガーニッシュ取り外し

さっそくリアガーニッシュを交換してみます。180SXのリアガーニッシュの交換はとても簡単です。

リアハッチを開けて、テール側の内装のフタを開けるだけで、リアガーニッシュを固定している左右3つずつのナットにアクセスできます。

リアゲート内の内張にあるフタを開ける

ただ、ナットに手が届くものの、この状態だと作業しにくいので、リア側の内張の一部を外してしまった方がいいです。作業が楽になりますし、時間短縮にもなります。

トランクルームのテール裏

写真の上部のプラスチックカバーを外します。ネジ4本と、両端はプラスチックの固定用ピンで留まっていますので外します。するとプラスチックのカバーが外れます。カバーがついたままの状態の写真を撮り忘れたので、別の記事で使用している写真で代用します(汗)

内張の一部を外したところ

プラスチックカバーを外せば、上の写真のように内張をめくれるようになるので、この状態で作業します。ボディ裏側から外すナットは、左右3つずつのナット。8mmです。

取り外すナットの位置とバック用電球ソケット

写真ではすでにナットが外れていますが、この左右3つずつのナットを外し、バック用電球ソケットを取り外したら、あとはリアガーニッシュをまっすぐ後方に引っ張るだけで外れます。

リアガーニッシュを外したところ

後期型車両に中期テールを移植している関係で、中期型車両とは少し違った部分(配線加工やボディの違い等)があるかもしれませんが、作業的には変わりませんのでご心配なく。

240SXガーニッシュ取り付け

今回取り付ける240SXガーニッシュはこんな感じのもの。

240SXリアガーニッシュ

240SXというのは北米版180SXの名称で、KA24E/KA24DEという2,400cc直4エンジンを載せたS13型系モデルのこと。そのハッチバックモデルに使われていた、純正のリアガーニッシュです。

このガーニッシュを、外した時と逆の手順で取り付けます。ガーニッシュを車両側にはめ込み、8mmナットで左右3つずつ固定し、バック用電球ソケットをはめ込みます。

取り付け後はこんな感じ。

240SXガーニッシュに交換後

以上です。簡単でしょ。

さいごに

ということで、リアガーニッシュを240SXに交換してみました。どうでしょう、わずかな違いではありますが、ちょっと雰囲気が変わったように感じませんか?

走りへの影響は全く無し、見た目への影響もほとんど無し、完全に自己満足な世界になりますが、それがイイんです!(笑)

最後に、約20年前に乗っていた180SXのガーニッシュ周りです。この頃の懐かしい姿に、徐々に近付いてきました。

約20年前の2代目180SXの後ろ姿

そろそろ中期型純正バンパー一式が欲しいなぁ~。

初稿:2020年6月1日

-RPS13 180SX
-

© 2020 どっかんターボ