221616.com【ガリバー】中古車ご提案

JZX100 チェイサー

[JZX100] リアにアジアンタイヤはイケる?NEXEN N3000

アイキャッチ[JZX100チェイサーツアラーV]

JZX100の虜、高井優希です。

さて、先週末に地元に帰ったついでにフロントタイヤを新調しましたが、リアタイヤは残念ながら在庫がなくて買えませんでした。

アイキャッチ[JZX100チェイサーツアラーV]
[JZX100] フロント用に、思ったよりイイかも!TOYO PROXES T1R

JZX100の虜、高井優希です。 フロントタイヤもリアタイヤもスリップサインが出てきてしまったので、ついにタイヤ新調です。交換前は、フロントにDUNLOP DIREZZA 225/40R18、リアにTRAMPIO F-08 245/40R1 ...

休みのたびにいろいろ探し回るよりも、ネット通販で買って持ち込みで交換してもらったほうが良さそうな気がしてきたので、とりあえずYahoo!ショッピングで検索してみることにしました。

希望サイズは、ホントは255/35R18がイイのですが、ホイールのオフセットの都合上はみ出てしまうことがわかったので、ギリギリサイズの245/40R18。この扁平だと外径が若干大きくなってしまいますが、そこは車高調整で何とかしようかな、と。

アジアンタイヤの値段は魅力的だが…

国産タイヤはどれも1本1万円以上していますが、アジアンタイヤになると一転、1本数千円という価格の安さ。ただ、ネットの評判を見ると、価格相応の反応が多い感じ。良かったという人もいれば、最悪だ、と酷評している人もいるくらい。

特に多い評価が、街乗りレベルでは問題ないけど、攻めた走りをすると剛性の弱さや踏ん張りが効かない、といったもの。

フロントにTOYOのPROXES T1Rを入れたので、あまりリアに変なタイヤを入れてバランスが悪くなっても嫌なので、国産のタイヤにしようかと決めかけていたところ、アジアンタイヤでも比較的評価の良いNEXENというメーカーがありました。韓国のタイヤメーカーだそうですが、スポーツグレードとなるN3000が安くてイイ、というもの。

評価を信じ、NEXEN N3000を試すことにした

このタイヤは独特なV字パターンになっていて、いかにもスポーツタイヤって感じ。AUTOWAYさんで、245/40R18が1本なんと7,400円弱。2本買って送料をプラスしても、16,000円でお釣りがきてしまいました。価格だけを見れば、なんとも経済的!

命を預けるタイヤをケチるのはどうなのか、と言われると返す言葉もございませんが、とりあえずは試してみて、ダメだったらダメで次回から買わなければいいだけの話。もし良ければ、安くていいもの、ということでリピートすればいいし。

それに、どうせキャンバーがついていて片ベリが激しいから、高いタイヤを買ってももったいない、というのもある。

ちなみに、フロント用に買ったPROXES T1Rを同じサイズで調べてみたら、なんと1本あたり2万ちょっとで出ていました。地元の店で買った値段より1本あたり1万も安いよ…調べなければよかった。

注文の翌日に到着し、組み替えてきた

13時ちょっと前に注文したのに、14時にはもう発送メールが来て、翌日には手元にありました。仕事が早すぎですよ、AUTOWAYさん(笑)

ということで、さっそく組み替えに近所のカー用品店へ行ってきました。…が、18インチで40扁平は対応できないと断られてしまった(235/40R18を扱ってるのになぜ)ので、少し離れた別の超カー用品店で組み替え。

タイヤの組み換え自体は1時間ほど待って終わりましたが、ピットのお兄さん、JZX100にアジアンタイヤってことで気になったのか、「理由があってこのタイヤですか?」と聞いてきました。素直に「安かったのでお試しで」と答えましたが、話を聞いてみると結構アジアンタイヤでのトラブルが多いようで、17インチ以上で5,000円くらいのタイヤなんかはサイドウォールが弱かったりバーストしやすかったりするそうです。

ただ、NEXENは比較的マシな方なので、もしリピートしているのであれば話を聞いてみたかった、とのこと。

N3000の乗り心地と性能

組み換えが終わり、前後ともにV字パターンでよりスポーティな雰囲気になりました。既にクルマに装着してしまった後で見づらいですが、パターンはこんな感じ。

NEXEN N3000

さっそく慣らしを兼ねてその辺を走ってみましたが、ロードノイズは割と静か。今までのタイヤが、スリップサインが出ているような状態だったせいもあると思いますが、それを加味しても、スポーツタイヤにしては静かに感じます。オーディオの音と、マフラーからの音が良く聞こえ、自然と気分がよくなってしまいました(笑)

空気圧は前後とも今まで2.7kPaだったのに対して、今回は2.8kPaにしてもらったせいもあるかもしれませんが、直進性能も良くなり、運転していてとても安心感があります。

ただ、山道に入り少し攻め気味に走ってみた感じでは、一転して不安な感じ。グリップ限界が低いというか、ちょっと速度を上げてコーナーに入っていくとリアの接地感がなくて、すぐに滑り出そうとするような感覚。試しにRのきついコーナーでちょっとクラッチを蹴ってみたら、簡単に滑りはじめました。

このきっかけの作りやすさ、もしかしたらこのタイヤはドリフト初心者にはいいかもしれない?!ただ、間違ってこれをフロントに履いてしまったら、どアンダーで大変なことになるかも。

さいごに

ということで、価格相応の性能かな、と思います。フロントのPROXES T1Rは店員さんがオススメと言っていた通り、しっかり踏ん張ってくれるので自分には扱いやすいタイヤですが、やはりN3000はリア用、そしてお遊び用かな。

何といっても、新品で1本7,000円ちょっとで買えてしまう、というその価格の安さが魅力であり、他のアジアンタイヤに比べたら若干の安心感があるのがいいところ。

その後1年くらい乗ってみてもトラブルはなく、フロントに比べて減りも遅く、コストパフォーマンスのいいタイヤでした。

公道上での制限速度を越えた走行やドリフト走行などの危険運転行為は法令違反です。安全運転を心がけましょう。

初稿:2009年3月29日

-JZX100 チェイサー
-

© 2020 どっかんターボ