VM4 レヴォーグ

[VM4] マフラーをHiPower Spec-L Ti-Limitedに交換

アイキャッチ[レヴォーグ]

前回の記事で第二候補だったマフラー交換。

ちょうど7月中は、埼玉のスーパーオートバックスTODAでHKSのスバルフェアをやっているとの情報を手に入れたので、7月最後の週末、最後のチャンスということで行ってきました。

長野からは片道2時間半

遠路はるばる、という表現が合うかもしれませんが、実は以前、戸田市のお隣にある和光市に2年ほど住んでいたことがあるので、自分にとっては馴染みの地でもあります。

いまだに付近の道路事情はよく覚えていて、抜け道を駆使してたどり着きました。

到着して、目指すはHKSスバルフェアのブース。でも探せど見当たらず。あぁ、そういえば土日のイベントは特にないインナーフェアなんだっけ。とりあえず店員をつかまえて、レヴォーグ用のHiPowerマフラーがないか聞いてみると「ラスト1個、イベント限定のモデルしかないのですが…」と申し訳なさそうに。

それだよそれ!それが欲しかったの!

と心の中で叫びつつ、一応は冷静に「そのモデルが欲しくて来ました。取り付けも一緒にお願いします。」と、バクバクする心臓を抑えながら何とか言えました。が、店員さんが笑っていたので、たぶん抑えきれていなかったんだと思います(笑)

ピット待ち3時間

さすがは日曜日。ピットは3時間待ちとのことで、店内でひたすら待ちました。取り付け時間も入れると4時間弱。作業が終わるのは20時過ぎ。家に着くのはギリギリ日付変更前くらいかな。

ほぼ予定通りの時間に作業が終わり、純正マフラーをなんとか車内に押し込んで、家に着いたのは本当に日付変更ギリギリでした。

帰りの道中でマフラーをめいっぱい堪能して帰りましたが、アイドリングは本当に静か。マフラーを換えたことがわからないくらい。走り出しても排圧をかけなければ純正とほとんど変わらない感じ。ただ、排圧をかけたときは気持ちいいほどにいい音がします。ちょっとNAっぽい乾いた感じの音ですが。

HiPower Spec-L Ti-Limited

あとやりたいことはひとつ

とりあえず今の段階でやりたいことは、あとひとつ。少し車高を落として、SA3Rに履き替えること。スバルフェアで車高調も入れたかったけど、残念ながらレヴォーグ用はストックなしとのこと。同時にTEINの車高調フェアをやっていたのでTEINのスタッフに聞いてみると、TEINの方もレヴォーグ用はもってきていないとのこと。

さすがにマフラー交換で20時過ぎて、その後車高調取り付け、調整となると翌日の仕事に大きく影響するので、在庫がなかったのはそれはそれで良かったのかも。

息子が「10年後、免許を取ったら欲しい!」と言っているレヴォーグなので、多少お金がかかっても、できるだけキレイに丁寧にいじっていきたいと思います。

初稿:2018年7月30日

-VM4 レヴォーグ
-

© 2020 どっかんターボ