RPS13 180SX 1st

[RPS13] 念願の180SXが納車になった!

FC3Sに乗る高校の友人の影響に加え、AE86や180SX、MR2などに乗る大学の友人からの影響により、180SXに乗り換えることになりました!

実は、ルキノを契約した直後あたりから、既に気持ちは180SXに傾きつつありました。

しかし、ルキノも乗りたかったクルマだったのと、契約してしまった以上は後戻りできない、という気持ちがあり、自分なりに楽しみながら乗っていたのですが…。

ある日、信号待ちの交差点で後ろから突っ込まれてしまい、さらに前のクルマにもぶつかってしまって、ルキノだけが前も後ろも潰れてしまったことで、何となく気持ちがルキノから離れてしまったのです。

そこで、父親が学生だった頃からお世話になっている、家族経営のクルマ屋に相談し、180SXを探してもらうことにしたのです。

お隣の県でご対面

話をしたところ、二週間ほどで「良さそうな180SX見つけたぞ」と連絡が入り、クルマ屋のアニキ(6歳違いなので勝手にこう呼んでる)と一緒にお隣の県まで実車確認&試乗へ。

1994年式(平成6年式)タイプXの黒。マフラーが交換されているだけで、スポーツ走行されていない(という話の)ほぼドノーマル車。程度はかなり良い感じ。お値段はコミコミ100万でいいとのこと。

家に帰り、親に相談。

当然猛反対。

半泣きになりながらも数日にわたり説得し、最後は親が折れてようやくOK。

そんなこんなで購入することを連絡し、三週間ほどで納車となりました。

180SX納車の日はルキノとの別れの日

良く晴れて暑い日でしたが、いよいよ180SX納車の日。しかし、それは同時にルキノとの別れの日。

お隣の県のクルマ屋に行ったとき、ルキノを事前査定してもらったところ、事故で後部フレーム修正が入っているため、この時点で評価が最低になってしまうとのこと。金額で言えば、最高ランクの買取額の半分くらい。

さらに、この手のクルマはマニュアル車が好まれないことと、車両の色がブルメタだとあまり売れないとのことで、さらに査定額がマイナスに。

新車で購入時150万円ほどだったルキノでしたが、180SXの頭金になるかならないか程度の下取り額になってしまいました。それでもクルマ屋のアニキが少し色を付けてくれたのが嬉しかった…。

ということで、ルキノはアニキに託し、無事、180SXが納車となりました。

納車直後の180SX

納車時の走行距離は65,800km。マフラーはA'PEXiのよくわからないマフラー(笑)

A'PEXiの名称不明マフラー

これから少しずつ知識をつけながら、楽しんでいきたいと思います。

初稿:1998年7月16日

-RPS13 180SX 1st

© 2021 どっかんターボ